【必見】無料でもできる工務店のホームページ作成方法3選

AKITEKTには、これまで多くの工務店さんから様々なご相談が届いております。
今回は、そんな中で多かったホームページに関することで色々とお伝えしたいことがあり、色々とご紹介させていただきます
もちろん、用途やクオリティにもよりますが、基本的に何百万円もホームページにかける必要はありません。

スポンサーリンク




工務店のホームページ事情

インターネットで検索してみると、、

ホームページ作成費用の相場
テンプレート使用・WEB上のやりとりで完結 3万円~10万円
ベースをカスタマイズ・面談又は電話で打合せ 10万円~50万円
完全オリジナルデザイン・複数回面談で打合せ 50万円~数百万円
ホームページ管理費の相場
簡単な更新とサーバー、ドメイン管理など 月額3,000円~数万円
SEO対策を含めた管理 月額数万円~
ホームページのスマホ対応
制作時にスマホ対応(レスポンシブ) 無料~数十万円

引用:「ホームページ作成費用」と「保守管理費用」の相場はいくら?

例えば、こちらを参考にした場合、皆さんが今お持ちのホームページや、これから制作を検討しているホームページの料金は妥当でしょうか?
参考にしてみてください。

そもそも工務店にホームページは必要か

そもそも、工務店にとってホームページは必要なものなのでしょうか。
必要だったとして、その重要度はいかほどなのでしょうか。
ホームページの用途は、大きく分けると下記の5点です。

  • 自社をよく知ってもらうため
  • 自社商品を購入してもらうため
  • 自社の活動をよく知ってもらうため
  • 人員採用のため
  • 問合せをしてもらうため

引用:ホームページは本当に必要か。実は不要ではないか。

工務店にとって、ホームページの必要性は、上記の5点を見れば明らかではないでしょうか。
縮小傾向にある業界なため、他社との競争はより激化していきます。
また、人員採用にも有効です。
今や、企業にとってのホームページは名刺代わりです。
ホームページの質など、求職者がその企業を判断する際に、少なからず影響してくることは間違いないのではないでしょうか。

ホームページのデザイン

ホームページの必要性を改めて実感したので、次にどの様なホームページが良いかを考えてみましょう。
下記の「田中工務店」さんは、Googleで「東京 ホームページ」と検索して2番目に出てくるホームページです。

情報がたくさんあって、すごくまとまった印象のホームページですね!
トップにあるのは、多くの工務店ホームページに見られる、建築物の写真です。
これは、見ている人に何をしている会社なのかをハッキリ伝えることができるので、多くのホームページがこのようなデザインになっています。

更に、工務店のホームページならではのページと言えば、やはり施工事例ではないでしょうか。
「どの工務店で見積もりを出してみようか」と検討している段階の潜在的なお客様は、「ここなら希望通りの建築をしてくれそうだ」と少しでも感じることができれば安心するんです。
それは、業界全体が閉鎖的でネット上の情報が極端に少ないことも原因です。
施工事例を見ることで、過去の実績から自身の理想と照らし合わせることができますし、近いものがあれば安心に変わります。

おすすめのホームページ制作方法5選

それでは、お待ちかねホームページをどの様にして準備するのが一番良いかというお話です。
ここでは、比較的お金をかけずに作れる方法を中心にご紹介させていただきます。

wix


ご存じの方も多いかもしれませんが、ホームページはこだわらなければある程度無料で作ることができます。wixはその代表格の1つです。他にも、Jimdoが国内では有名ですね。
操作も簡単で、ある程度決まったテンプレートに、文言や画像を当てはめていくだけで、オリジナルのホームページが完成します。「名刺代わりにとりあえず」と考えている工務店さんにおすすめです。
参考記事:無料ホームページ作成ツール「Jimdo」と「Wix」を比較。

アメーバ オウンド

2015年に「Ameba」がリリースした、無料でオウンドメディアが作れるサービスです。

オウンドメディアとは
企業が自社で所有するWEBサイト(メディア)のことで、ブランドサイトやキャンペーンサイトなどを指す。 アーンドメディアやペイドメディアと共に、トリプルメディアと言われている。
引用:今更聞けないオウンドメディアとは?コンテンツマーケティングとの違い

先程のホームページ作成ツールとの違いは、あくまでメディアであることです。
どちらかと言うとブログに近いものになります。
不特定多数の記事を作成したりすることで、より更新頻度を上げて発信することを目的としたものになります。
AKITEKTもオウンドメディアの1つです!

メリットとしては、流動性のあるサイトはGoogleのSEO上で高く評価されます。工務店さんで記事を頻繁に更新して発信しているサイトを有しているところは、かなり少ないのではないでしょうか?
もちろん、継続にはかなり根気が入りますが、これからの時代ただホームページを構えるだけでなく、色々と発信することも工務店にとって重要になってきます。

フリーランスのエンジニアに依頼する

今は、Crowdworksを代表とするフリーランスとして活躍している、個人の技術者さん達と簡単に繋がることができる時代です。

Crowdworksとは
オンライン上で、在宅ワーカーと仕事発注者のマッチング、業務の遂行、報酬の支払いまでを一括で行うサービスを提供している。
引用:ウィキ

一般的に、会社を通して依頼するよりも、ある程度構成など決まっていたりする場合は安くなるかと思います。
ぜひ、お見積をしてみてください。

最後に

AKITEKTにも多くのご相談をいただいておりますが、何かご不明な点があれば何なりとご相談くださいませ。
業界的には、どうしても中小規模の企業が多く、本業に忙しいため全体的にIT化が少し遅れている業界です。
それでも、少しずつ時代の流れについていかなければ、生き抜いていくことができないのも間違いありません。
どんな広告を打ったとしても、その受け皿の役割を果たすホームページはやはり、重要なのです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする